ポリオワクチン予防接種について

平成24年9月1日から、ポリオワクチン予防接種が「生ワクチン」から「不活化ワクチン」に切り替わりますのでお知らせします。

9月1日から、ポリオの予防接種が生ワクチンから不活化ワクチンに切り替わります。対象の皆さんは、必ず受けるようにしましょう。

■生ワクチンと不活化ワクチンの違い
 生ポリオワクチンはポリオウイルスの病原性を弱めて作られるワクチンで、少ない接種回数で免疫ができますが、接種後、ごくまれに麻痺を起こす場合が報告されています。
 不活化ポリオワクチンは、ポリオウイルスから免疫を作るのに必要な成分を取り出し、病原性をなくして作られたワクチンで、ポリオと同様の症状が出る副反応はないといわれています。

■接種方法の変更など
・対象年齢はこれまでと変わりません。(生後3か月から90か月)
・9月以降は、集団接種から医療機関での個別接種となります。
・接種回数は2回から4回になり、接種間隔は1回目から3回目(初回接種)はそれぞれ20日以上の間隔をおいて接種し、3回目の接種後6か月以上の間隔をおいて4回目(追加接種)を接種してください。

ポリオワクチンを1 回も受けていないかた→ 不活化ワクチンを合計4 回接種
生ポリオワクチンをすでに1回受けているかた→ 不活化ワクチンをあと3 回接種
生ポリオワクチンをすでに2回受けているかた→接種する必要はありません

 対象となるお子さんがいるご家庭に、別途案内を通知しています。くわしくは、健康福祉課健康増進室へお問い合わせください。

カテゴリ

町民の方へ

健康・医療・福祉
健康・医療
教育・文化
子育て

関連分類

情報発信元

 お問い合わせ
ファックス:0790-82-0144
メールアドレス:fukushi@town.sayo.lg.jp

アンケートより良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

役に立った どちらともいえない 役に立たなかった