軍師官兵衛のタイトルバックのロケ地「飛龍の滝」

「軍師官兵衛」のタイトルバックで放送された映像(NHK提供)

「軍師官兵衛」のタイトルバックで放送された映像(NHK提供)

飛龍の滝は落差20m、佐用郡随一の規模です。
滝の中央部あたりの壁岩が突き出し、水の流れに変化がついています。これが飛龍の姿に似ていることから、この名前がつけられたと伝えられています。

足場を組んでの撮影風景(平成25年10月21日撮影)

足場を組んでの撮影風景(平成25年10月21日撮影)

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」のタイトルバックの撮影が櫛田自治会、水利組合の協力のもと昨年10月に実施されました。
 今回の撮影は、ビデオプロジェクターで、建築物等の立体面それぞれをスクリーンとして映像を投影するプロジェクションマッピングが採用されています。
撮影班は昨年9月にリハーサルを行い、10月には、滝壺の横に足場を組み、飛龍の滝に映像を投影し、本番のプロジェクションマッッピングが行われました。
 

関連リンク

地図

飛龍の滝

カテゴリ

観光情報

観光
軍師官兵衛ゆかりの地

関連分類

情報発信元

 お問い合わせ
ファックス:0790-82-0492
メールアドレス:syokokanko@town.sayo.lg.jp

アンケートより良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

役に立った どちらともいえない 役に立たなかった