熱中症の予防について

熱中症予防

熱中症予防

熱中症にならないために!(高齢者は特にご注意)


今年の夏の平均気温は平年並みからやや高いとの予想が出ています。野外で作業をされる方はもちろん、室内でも熱中症になることがありますので次のような注意をしましょう。

1熱中症のサイン
経 度: めまい・立ちくらみ・手足のしびれ・こむらがえり・気分が悪い
中 度: 頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・いつもと様子が違う
重 度: 返事がおかしい・意識がなくなる・けいれん・体が熱い

2室内で気を付けること(室内でも熱中症は起こります) 
扇風機やエアコンでの温度を調節
すだれ・カーテン・打ち水
室温をこまめに確認

3外出時には
 日傘や帽子の着用をしましょう
農作業においてはこまめな休憩をとりましょう

4水分の摂り方
のどの渇きを感じなくてもこまめに水分と塩分・経口補水液(水に塩分とブドウ糖を溶かしたもの)を摂りましょう。

5熱中症かな?と思ったら
涼しい場所に避難し、衣服をゆるめて体を冷やしましょう。
保冷剤で首のまわり・脇の下・あしの付け根などを冷やしましょう。

救急車・・・自分で水が飲めない・意識がない人を見かけたら、すぐに救急車を呼びましょう。

朝食・・・十分な睡眠とバランスの良い朝食(特に味噌汁)が熱中症予防に効果的です。


カテゴリ

町民の方へ

健康・医療・福祉
健康・医療

関連分類

情報発信元

 お問い合わせ
ファックス:0790-82-0144
メールアドレス:fukushi@town.sayo.lg.jp

アンケートより良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

役に立った どちらともいえない 役に立たなかった