食べ残しゼロ&生ごみ減量プロジェクト「食べきり運動協力店」を募集します!

登録書(例)

登録書(例)

 事業所から排出される食べ残し等による生ごみの削減を推進するため、食べ残しの削減に取り組む飲食店や宿泊施設を「食べきり運動協力店」として募集します。

 平成25年度には、国全体で約2,800万トンの食品残さが発生し、このうち食品ロスは約632万トンを占めています。食品ロスの削減は、廃棄物のリデュース(ごみの発生の抑制)や、温室効果ガスの削減効果等の環境負荷低減効果にも大きな役割を持っています。佐用町を含む播磨科学公園都市圏域定住自立圏内の飲食店及び宿泊施設を対象に「食べきり運動協力店」を募集し、食べきり運動の推進に向けて協力店の取り組みを紹介していきます。

●対象事業者                        

町内で営業する飲食店及び宿泊施設で、次の取組項目を1つ以上実践する店舗

小盛りメニュー等の導入

「ごはん量の調整」

「小盛りメニューの設定」

「ハーフサイズメニューの設定」 等

食べ残しを減らすための呼びかけ実施

「注文受付時に適量注文を呼びかける」

「食べきり協力店である旨の呼びかけ」

「食事会での食べきりの呼びかけ」 等

持ち帰り希望者への対応

「消費期限等を説明した上での持ち帰り提供」

「持ち帰り可能店であることの店内案内」

「持ち帰り容器の設置」 等

自店舗での生ごみの堆肥化、リサイクル事業者への生ごみの引き渡し

「生ごみ処理機で堆肥化」

「リサイクル事業者への委託による堆肥化」 等

ポスター等の掲示による、食べ残し削減に向けた啓発活動の実施

 

その他、食べ残しを減らすための工夫

 

 

●申請方法                         

 登録を希望する店舗の代表者は、申請書(様式1)を町住民課環境衛生対策室に郵送又は持参により提出してください。

 

 登録後、申請書に記載した事項に変更が生じた時又は店舗廃止等の理由で取組を中止するときは、内容変更・中止届(様式2)を町住民課環境衛生対策室に提出してください。

 

 登録店舗には登録証及びポスターを交付しますので、店舗内の見やすい場所に掲示していただき、上記の項目について、来店者へ積極的にPRしてください。

 

 登録していただいた店舗については、播磨科学公園都市定住自立圏及び町ホームページ等で事業所名及び取組内容を紹介します。

お知らせ この事業は、播磨科学公園都市定住自立圏で構成する市町(たつの市・宍粟市・上郡町・佐用町)で実施しています。

関連リンク

関連書類

カテゴリ

町民の方へ

生活・環境
ごみの処理・し尿の汲取り環境

関連分類

情報発信元

 お問い合わせ
ファックス:0790-82-4344
メールアドレス:kankyoeisei@town.sayo.lg.jp

アンケートより良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

役に立った どちらともいえない 役に立たなかった