武蔵初決闘の場

武蔵初決闘の場

武蔵初決闘の場

時は慶長元年、佐用町の因幡街道沿いに栄えた宿場町平福の金倉橋のたもとで、剣豪武蔵は、13歳のとき新当流の達人有馬喜兵衛に初勝負をいどみ一刀のもとに倒したと言われています。 また、平福は、佐用川沿の石垣に並ぶ川座敷、土蔵群による川端風景や標高373メートルの利神(りかん)山頂に築かれた山城、利神城(別名雲突城)跡が有名です。

地図

宮本武蔵初決闘の場の石碑

カテゴリ

観光情報

イベント
観光
観光
史跡・文化財その他観光
地域で探す
佐用地域
目的で探す
見る

関連分類

情報発信元

 お問い合わせ
ファックス:0790-82-0492
メールアドレス:syokokanko@town.sayo.lg.jp

アンケートより良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

役に立った どちらともいえない 役に立たなかった