最終更新日時:2016年9月2日(金曜日) 14時22分  ID:2-1-12-3317

脳脊髄液減少症について

〇 脳脊髄液減少症とは
 交通事故やスポーツ外傷、転倒・打撲など身体への強い衝撃により、脳脊髄液が漏れ出し減少することによって、頭痛、めまい、倦怠、不眠、記憶障害などの様々な症状を引き起こす疾患のことです。

 現在、診断・治療について確立したものがないため、国において診断基準等を検討するための研究班が設置されるなど、医学的な解明が進められているところです。

 一方で、事故等の後遺症として、通常の生活を送ることに支障が生じているにもかかわらず、周りの人から怠慢である等の批判を受け、十分な理解が得られないなどの事例も指摘されています。

詳しくは、関連リンクから、下記ホームページをご参照ください。

〇 兵庫県内において診療可能な医療機関・相談窓口
 兵庫県ホームページに掲載されています。

〇 脳脊髄液減少症に関する情報のリンク
 ・NPO脳脊髄液減少症患者・家族支援協会
 ・脳脊髄液減少症・子ども支援チーム
 ・兵庫県ホームページ

関連リンク

  • 〇兵庫県内において診療可能な医療機関・相談窓口(兵庫県ホームページ)
  • ・NPO脳脊髄液減少症患者・家族支援協会
  • ・脳脊髄液減少症・子ども支援チーム

カテゴリ

健康・医療・福祉
  • 健康・医療
  • 障害
福祉・保健・医療
  • 健康・医療・福祉

情報発信元

健康福祉課 健康福祉推進室 (第一庁舎西館 1階)
電話番号
0790-82-0661
ファックス
0790-82-0144
メールアドレス
fukushi@town.sayo.lg.jp