詳細検索

情報が更新された順に並んでいます。

「観光情報の高評価記事ランキング」には152件の情報があります。

11位 軍師官兵衛のタイトルバックのロケ地「飛龍の滝」

飛龍の滝は落差20m、佐用郡随一の規模です。
滝の中央部あたりの壁岩が突き出し、水の流れに変化がついています。これが飛龍の姿に似ていることから、この名前がつけられたと伝えられています。

[平成26年1月14日(火曜日)14時22分]
12位 道の駅宿場町ひらふく

道の駅「宿場町ひらふく」は、平福の川端風景をモチーフとした外観。52席のレストランと30席の団体用和室、手作り食品を中心とした物産販売所、観光案内所、トイレを併設します。レストランでは、キジやカモの鍋料理やこんにゃくラーメン、道の駅こんにゃく定食を提供します。こんにゃくラーメンやあさぎり茶、佐用もち大豆を使った味噌、手作りこんにゃく、ドレッシング、しょうゆ、もろみ、ハチミツなどの産品を販売します。

[平成29年1月5日(木曜日)9時48分]
13位 平福の町並み

平福は、慶長・元和年間(1596年から1623年)に現在の町並みが形成され、その後、因幡街道随一の宿場町となりました。街道に沿う町並みは、昔ながらの姿で、南北に1.2キロほど続きます。利神山とこれに対する西側の連峰の山峡の懐に抱かれて、今は静閑なたたずまいを見せています。連子窓、格子戸の平入りの家々、佐用川の石垣に並ぶ白壁の川屋敷、川座敷、土蔵群は平福ならではの景観です。

[平成23年8月31日(水曜日)8時59分]
14位 佐用の大イチョウ(県指定天然記念物)

町の象徴ともいえる大イチョウは、赤松氏が全盛のころ、ここにあった如意輪山満願寺の境内に茂っていたイチョウが大木となったもので、千年の間、佐用の歴史を見つめています。また、自生地の北限といわれる桑野の八幡神社のコヤスノキの叢林(そうりん)、中山のスダシイの古木、大船の八幡神社のケヤキの大木なども県文化財に指定されています。
イチョウは、平成22年10月1日に佐用町の町木に制定されました。

[平成24年10月22日(月曜日)15時15分]
15位 おさよん活動日記(ゆるキャラグランプリ2012にエントリーしました編)

 佐用町観光イメージキャラクターのおさよんです。
 少しでも有名になって町の役に立ちたいなと思って、ゆるキャラグランプリ2012にエントリーしてみちゃった。
 皆様の清き一票をおさよんへお願いしまーす
 投票は11月16日金曜日まででーす。よろしくね。
詳細、投票については、下記リンク「ゆるキャラグランプリ」へ。

[平成24年9月28日(金曜日)16時26分]
16位 南光自然観察村 周辺ガイド

南光自然観察村周辺のおすすめ観光スポット。

[平成27年1月23日(金曜日)8時35分]
17位 おさよん活動日記(久崎市編)

佐用町観光イメージキャラクターの「おさよん」です。
久崎地域で開催された久崎市(くざきいち)へ行ってきました。

[平成23年12月28日(水曜日)14時45分]
18位 けんこうの里三日月(三日月健康福祉施設)

 トレーニングルーム・全天候型のゲートボール場があり、体力づくりや競技を楽しむ人でにぎわっています。

[平成29年12月7日(木曜日)8時0分]
19位 船越山モンキーパーク

船越山500ヘクタール余の広範囲に住みついた数百匹の純日本猿の野猿を餌付けし、「野猿の名所」としてその名を知られるようになり、観光客を楽しませています。

思い思いにグルーミングに励む彼らのなかにも「社会」はあるようで、じっと見ていると様々な人間...いや猿模様を垣間見ることができます。

また、平成14年6月に全国にも珍しい『黄金のサル.ひかりちゃん』が誕生し、ひと目見ようと全国からたくさんの観光客が来園しています。

[平成23年8月30日(火曜日)13時50分]
20位 おさよん活動日記(西播磨フロンティア祭2012編)

佐用町観光イメージキャラクターの「おさよん」です。
ちょっと遅くなったけど4月29日(日)播磨科学公園都市の芝生広場で開催された「西播磨フロンティア祭2012」の報告をします。

[平成24年5月14日(月曜日)8時31分]