現在の位置:トップ > 詳細検索 > 観光情報の高評価記事ランキングの一覧

検索結果

情報が更新された順に並んでいます。

観光情報の高評価記事ランキング」には149件の情報があります。

11位 南光自然観察村 周辺ガイド
南光自然観察村周辺のおすすめ観光スポット。
[平成27年1月23日(金曜日)8時35分]
12位 おさよん活動日記
佐用町観光イメージキャラクターの「おさよん」です。
佐用チャンネルの撮影で平福郷土館、三日月藩乃井野陣屋館、上月歴史資料館に行ったよ。
[平成23年12月9日(金曜日)8時40分]
13位 南光スポーツ公園 (若あゆランド)
 南光スポーツ公園は、JR姫新線播磨徳久駅から北東約1キロメートルの山間部に位置し、周囲には清流千種川が流れるなど、自然あふれる環境の中で、スポーツやレクリエーションを存分に楽しむことが出来ます。
 公園内には、ナイター設備を備えた本格的な野球場やテニスコート、ソフトボール・サッカー・グラウンドゴルフなどに使用できる多目的グラウンド、悪天候でもゲートボールやテニスができる全天候型ドームがあります。
 このほか、周辺にはジョギングや散策ができる遊歩道や休憩所があり、子どもから大人までが気軽に楽しめる施設です。
[平成27年4月30日(木曜日)17時21分]
14位 道の駅宿場町ひらふく
道の駅「宿場町ひらふく」は、平福の川端風景をモチーフとした外観。52席のレストランと30席の団体用和室、手作り食品を中心とした物産販売所、観光案内所、トイレを併設します。レストランでは、キジやカモの鍋料理やこんにゃくラーメン、道の駅こんにゃく定食を提供します。こんにゃくラーメンやあさぎり茶、佐用もち大豆を使った味噌、手作りこんにゃく、ドレッシング、しょうゆ、もろみ、ハチミツなどの産品を販売します。
[平成29年1月5日(木曜日)9時48分]
15位 平福の町並み
平福は、慶長・元和年間(1596年から1623年)に現在の町並みが形成され、その後、因幡街道随一の宿場町となりました。街道に沿う町並みは、昔ながらの姿で、南北に1.2キロほど続きます。利神山とこれに対する西側の連峰の山峡の懐に抱かれて、今は静閑なたたずまいを見せています。連子窓、格子戸の平入りの家々、佐用川の石垣に並ぶ白壁の川屋敷、川座敷、土蔵群は平福ならではの景観です。
[平成23年8月31日(水曜日)8時59分]
16位 安倍晴明塚と芦屋道満塚
棚田が美しく広がる佐用町大木谷には、平安時代に活躍していた陰陽道の大家「安倍晴明」と「芦屋道満」を祭った塚があります。

晴明塚は、様式や手法から室町時代前期に造られたと思われ、また、道満塚は寛政9年(1797年)に再建されたもの。

塚のほかにも、両者が矢を放って戦ったといわれる「やりとび橋」や、道満の首を洗ったといわれる「おつけ場」などの史跡もあります。
[平成23年8月30日(火曜日)11時55分]
17位 おさよん活動日記(佐用チャンネル撮影 ゆうあいいしい編)
佐用町観光イメージキャラクターの「おさよん」です。
佐用チャンネルの撮影でゆう・あい・いしいに行ってきました。
[平成24年2月8日(水曜日)10時13分]
18位 南光自然観察村 利用上の注意事項
お互いに楽しく遊んでいただくために
[平成23年9月5日(月曜日)14時25分]
19位 平知盛塚
源平の戦いに敗れた平家の残族が逃げ込んだという「平家の落人伝説」が、この地に残っています。
平知盛(清盛の子)の家臣らが逃げ込んだと言われており、この塚は彼をしのんで建てたと伝えられています。
[平成23年8月30日(火曜日)13時51分]
20位 スピカホール
■星屑のステージ−君が夢を奏でる。
 ホールが限りなく透明な音色を奏でるように自然は音楽に生命を与え、音楽が自然に生命を吹き込みます。
 美しい山ふところに抱かれたスピカホールは、自然の織りなす緑のさざめきや夜空を彩どる星のまたたきにつつまれています。
 木造りのホールならではの、耳にやさしい自然の響きと星々が降りそそぐ美しい自然の静寂、都会のコンサートホールでは、味わうことのできない深い印象を胸に刻みます。
[平成28年4月19日(火曜日)17時25分]

現在の位置:トップ > 詳細検索 > 観光情報の高評価記事ランキングの一覧

このページの先頭に戻る