詳細検索

情報が更新された順に並んでいます。

「事業者の方への高評価記事ランキング」には120件の情報があります。

11位 HARIMAXヴィレッジ

 播磨科学公園都市圏域定住自立圏(中心市:たつの市、構成市町:宍粟市、上郡町、佐用町)では、学校等跡地や産業用地への企業誘致を行うシティプロモーション事業(愛称:HARIMAXヴィレッジ)を実施して、このたび、PR用のパンフレット、ホームページ、動画を作成しました。
 広くPRすることにより、雇用の場の確保、経済活性化、産業振興を図っていきます。

[平成29年4月5日(水曜日)12時7分]
12位 職場意識改善助成金(テレワークコースの)のお知らせ

 厚生労働省では、「労働時間等の設定の改善」及び仕事と調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進のため、終日在宅で就業するテレワークに取り組む中小企業事業主を支援するため、平成26年4月から「職場意識改善助成金(テレワークコース)」を設けています。
 本助成金の詳細は、PDFファイルをご参照ください。
 お問い合わせは、テレワーク相談センター(厚生労働省委託事業テレワーク相談センター事業の受託者である(一社)日本テレワーク協会 0120-91-6479)までお願いします。

[平成26年8月15日(金曜日)10時25分]
13位 高濃度セシウム等放射性物質による農作物や畜水産物の汚染問題について

 東日本大震災の発生に伴う福島第一原発の事故発生以降、放射性物質の飛散による農作物や畜水産物の汚染が大きな問題となっています。
 

[平成23年9月29日(木曜日)11時16分]
14位 税務課 収納管理室

【第1係】
 各種税の収納管理・滞納整理、納税相談

【第2係】
 各種税の収納管理・滞納整理、納税相談

[平成27年4月30日(木曜日)10時46分]
15位 南光ひまわり館

清流・千種川のほとりに建つ当館では、町内で栽培されたひまわりから、「ひまわり油」を製造・加工し、販売しております。
 また、「もち」の加工も行っており、館内にある喫茶・軽食室ではコーヒー・うどんの他、もちを使った加工品などの軽食もご賞味いただけます。
 製造工程の見学も出来ますので、ぜひ一度お立ち寄りくださいませ。

[平成28年4月19日(火曜日)11時21分]
16位 味わいの里三日月

 地元の素材を生かした手作りの味覚を楽しんでいただける所が「味わいの里三日月」。地域のおばちゃんたちが、真心を込めて作ったそば、こんにゃくなどが、 食堂で味わえます。

 そばの手打ちが楽しめる「体験室」もあります。販売店では、三日月味噌、こんにゃく、はちみつなど、味わいの里で加工した製品や 吟味された地域の特産品を販売しています。様々な新鮮野菜も魅力の一つです。

[平成28年4月19日(火曜日)19時10分]
17位 「佐用もち大豆」の地理的表示(GI)登録を目指しています

 佐用町特産の「佐用もち大豆」について、地理的表示(GI)への登録を目指しています。
 もちもちした独特の粘り、甘味やこく、うまみ、大粒でボリューム感があるといった優れた特徴、味噌などの加工品で多くのかたに長年愛されています。
 佐用もち大豆は、佐用町の人々、風土が育んできた大豆です。
 この町の “宝物” をこれからも守っていくため、GI登録を目指しています。

[平成29年9月7日(木曜日)13時35分]
18位 ふれあいの里上月 農産物加工センター

 佐用もち大豆を使ったもち大豆みそやもち大豆豆腐など、「ふれあいの里上月 特産物直売所」で販売している数々の農産物加工品は、この加工施設で手作りされています。
 また、小学生程度の子どもを対象にした加工体験メニュー(味噌や豆腐、きな粉、煮豆、むしまんじゅう、こんにゃくづくり)もご用意していますので、一度加工体験にお越しください。

[平成29年1月5日(木曜日)9時37分]
19位 介護保険 要介護(要支援)認定等に関する申請手続き

介護保険の要介護(要支援)認定等に関する各種申請様式のご案内です。

[平成30年2月1日(木曜日)17時31分]
20位 佐用町食育キャラクターの名前決定

佐用町では第2次食育推進計画を策定し、食育推進のために佐用町の特産品をあしらった食育キャラクターの名前を募集していたところ、152名の応募があり、「さよう☆じゃんピー」に決定しました。
このほど、さよう健康フェスティバルにおいて発表しました。

[平成30年1月26日(金曜日)16時42分]