専業主婦(夫)の年金が改正されました

 平成25年7月1日から専業主婦の年金が改正され、会社員の夫が退職した際などに年金の切り替え手続きが遅れたり、漏れたりしているために、保険料が未納となっている主婦が手続きをすれば、年金を受け取れるようになったり、年金額を増やせたりする場合があります。

〇主婦年金からの切り替えの手続が2年以上遅れたことがあるかたは、今すぐ手続きを!
  
 原則として20歳から60歳までのすべての人が「年金」に加入することになっていますが、サラリーマンの夫(2号被保険者)に扶養されている妻 (専業主婦:3号被保険者)は、保険料を納める必要はありません。
 ただし、夫が退職した場合や妻自身の年収が増えたときなどは、手続(3号被保険者から1号被保険者への変更手続)をして、保険料を納めなくてはなりません。
 この手続が2年以上遅れたことがあるかたは、2年以上前の保険料を納付することができないため、保険料の「未納期間」が発生します。
 このたび、専業主婦の年金が改正され、このような方が手続きをすれば、「未納期間」を「受給資格期間」に算入することができるようになりました。
 ※ 妻がサラリーマン、夫が専業主夫の場合も同様です。

○手続きをすれば、無年金や年金の減額を防ぐことができます。
 ※老齢年金だけではなく、万一の時の障害年金などの受給権の確保にもつながります。

〇保険料納付で年金額アップ!
 手続きすれば、本来はさかのぼって払うことができなかった期間の保険料を納付することができます(最大10年分)。保険料を納めれば、年金額が増えます。
 ※平成27年4月から保険料の納付ができるようになります。手続きをしたかたに、平成27年4月に向けて保険料納付のご案内を郵送する予定です。

〇くわしくは、「国民年金保険料専用ダイヤル」またはお近くの年金事務所【電 話 0570-011-050】へお問い合わせください。 ※050または070から始まる電話でおかけになる場合は【電話 03-6731-2015】

関連書類

カテゴリ

町民の方へ

生活・環境
国民年金

関連分類

情報発信元

 お問い合わせ
ファックス:0790-82-0146
メールアドレス:nenkinhoken@town.sayo.lg.jp

アンケートより良いウェブサイトにするため、ぜひご協力ください。

Q.このページの情報は、あなたのお役に立ちましたか?

役に立った どちらともいえない 役に立たなかった