最終更新日時:2018年1月29日(月曜日) 10時39分  ID:4-3-33-4046

学童保育事業について

 佐用町学童保育事業は、家庭で保育が受けられない児童のために保育所を開設し、安心・安全な児童の居場所を確保し、自主的な宿題等の学習や遊びの保育を行います。(学校教育の延長ではありません。) 

1.事業主体
 佐用町

2.学童保育の対象児童
 佐用町内の小学校に在籍する児童で、放課後、長期休業中に家庭で児童を保護する者がいない家庭の児童を対象としています。 

3.保育場所


  ■佐用マリア幼稚園(佐用地域)   上月保育園(上月地域)

 

 南光保育園(南光地域)      三日月小学校(三日月地域)

 

4.児童の送迎
 佐用小学校、上月小学校、南光小学校、三日月小学校からは徒歩通園となります。それ以外の小学校からはスクールバス等で送ります。
 お迎えは午後6時までに各保護者の責任で、各園までお願いします。やむを得ない事情があり午後6時を超える場合は、必ず園に連絡し承諾を得てください。

5.保育時間


区  

保  育  時  間

学校の登校日

                          放課後から午後6時まで

長期休業期間

                          午前8時から午後6時まで


 ※長期休業期間とは、春休み、夏休み、冬休みのことです。

6.保育期間
 毎年4月1日から翌年3月31日までとします。


           保育をしない日

土曜日、日曜日、国民の祝日

8月13日から15日まで

1228日から1月3日まで

その他事業受託者等が定める日


 


7.利用の申し込み(入所手続き)


 ☆受付期間:平成30年2月1日〜28


 下記の関連書類1〜3(必要に応じて4と添付書類)を、佐用町教育委員会事務局(佐用町役場3階)へ提出してください。 (継続の場合も必要です。)


  
注1 年度途中からの申し込みはできません。(但し、父母の就業等により児童を保護する者がいなくなったりした場合など特別な理由がある場合のみ申し込みをすることができます。)


注2 定員を超えた場合、一時待機していただく場合もありますので、ご了承ください。
注3 世帯の中に就労されていない方がいる場合、学童保育の受付を出来ない場合があります。その方が保育できない理由を「保育できない申立書」に記入し申請書と一緒に提出してください。

8.保育料の減免
 保育料は、所得に応じて減免を受けることができます。
 減免申請を行う場合は、入所申し込みに合わせて関連書類 4「佐用町学童保育減免申請書」に、世帯内で所得のある人全ての所得証明書(源泉徴収票の写し)を添付し提出してください。


 


注1 第2子以降(満18歳未満の児童)の保育料は免除されます。 (通年利用に限る)


 



9.学童保育料について
 保育料(月額・期間)は次のとおりです。
 


期 間

月額保育料

保育料減免有無

           

8,000円

あり

         夏季休業期間

23,800円

なし

         冬季休業期間

6,000円

なし

         春季休業期間

6,800円

なし


 通年利用の場合、長期休業期間を含む月も同額とします。すべて保険料、間食代も含みます。



  


10.保育料の減免区分


各月初日の在籍児童の属する世帯の階層区分

 

階層区分

定 義

 学童保育
 保育料 (円)

生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯(単給世帯含む。)
就学援助世帯

0

A階層及びD階層を除き前年度分の市町村民税の額の区分が次の区分に該当する世帯

市町村民税非課税世帯

700

C1

均等割額のみの課税世帯(所得割の額のない世帯)

2,100

C2

所得割の額が8,000円未満

2,600

C3

所得割の額が8,000円以上

3,100

D1

A階層を除き、前年分の所得税課税世帯であってその所得税の額の区分が次の区分に該当する世帯

9,000円未満

3,600

D2

9,000円以上20,000円未満

4,100

D3

20,000円以上40,000円未満

5,100

D4

40,000円以上71,000円未満

6,400

D5

71,000円以上103,000円未満

7,800

D6

103,000円以上413,000円未満

8,000

D7

413,000円以上

8,000



11.利用上の注意事項
@次に掲げる基本的な生活習慣を身につけさせておいてください。
 ・あいさつや返事が出来ること。      
 ・友達と仲良く遊べること。
 ・自分の持ち物の整理整頓が出来ること。  
 ・注意したことは素直に聞けること。
 ・遊んだ後の片付けが出来ること。
 ○行動等に問題がある児童に対しては、指導を行います。また、退所していただく場合もあります。
A健康管理について
 児童の体調が悪い日は、できるだけ休ませて自宅で看てあげてください。インフルエンザ等の伝染性の病気の場合は、医師の許可が出るまで休ませてください。


B欠席連絡について


欠席する場合は、事前に指導員へ連絡してください。
C保育料の納付について
 保育料は必ず納付期限内に納付してください。納付期限後、1か月以内に納付されない場合、学童保育の利用をお断りすることがあります。なお、保育料の口座振替は行っていません。
D学習について
 学童保育は勉強を教える場所ではありません。宿題が出来ているかどうかは、各家庭で確認してください。
E食事等について
 長期休業期間中や運動会の振替日などの終日保育が必要な日は、弁当とお茶を必ず持たせてください。


F事故等の対応について
 学童保育中に発生した児童の事故については、加入していただく傷害保険で対応します。また、施設を児童が故意に壊した場合の費用は保護者に負担していただきます。
Gその他
 すべての持ち物には必ず名前を付けてください。


 



カテゴリ

こんな時は
  • 入学・入園
  • 就職・退職
教育・文化
  • 子育て

情報発信元

教育課 企画総務室 (第一庁舎本館 3階)
電話番号
0790-82-2424
ファックス
0790-82-0120
メールアドレス
kyoi-somu@town.sayo.lg.jp