最終更新日時:2017年8月1日(火曜日) 07時55分  ID:4-1-10-761

母子家庭等医療費助成制度

兵庫県と佐用町が共同で助成する、福祉医療制度のひとつです。
対象となるかたには、「母子家庭等医療費受給者証」が発行されます。 

■対象者
 次のいずれかの要件を満たすかたが対象となります。

 ○18歳に達した年度の末までの児童、又は20歳未満の高校在学中の児童を監護する母又は父及びその児童
 ○遺児(年齢は同じ)


■所得制限

 親の判定には、児童扶養手当の所得制限の全部支給基準を準用

 子の判定には、児童扶養手当の所得制限の一部支給基準を準用


■手続き

 対象と思われるかたは、本庁住民課または各支所・出張所に健康保険証、印鑑を持参し手続きをしてください。 対象者には、受給者証が発行されます。


※県外で受診等された場合は、医療機関等窓口で助成を受けることはできません。後日役場へ請求していただくことによって、支給を受けることができますので、認印・領収書・健康保険証・受給者証・振込先口座のわかるものをお持ちいただき、住民課又は各支所で手続きをお願いいたします(申請書の様式は、下の関連書類欄でダウンロードできます)。なお、社会保険適用外の費用(食事代・容器代・差額ベッド代等)は、支給の対象にはなりません。


■負担区分

区分 通院負担限度額 入院負担限度額 備考
一般 1日800円  (月2回まで) 1割負担  (月3,200円まで) 連続して3ヶ月入院した場合、4ヶ月以降の負担はありません。
低所得者 1日400円  (月2回まで) 1割負担  (月1,600円まで) 連続して3ヶ月入院した場合、4ヶ月以降の負担はありません。

関連書類

  • 福祉医療費助成申請書 (Word形式/52キロバイト)

カテゴリ

こんな時は
  • 妊娠・出産
  • 結婚・離婚
健康・医療・福祉
  • 健康・医療
  • 福祉と介護
  • 福祉医療・後期高齢者医療保険制度
教育・文化
  • 子育て
知りたい
  • 医療費助成制度について
  • ひとり親家庭の支援

情報発信元

住民課 年金・保険室 (第一庁舎本館 1階)
電話番号
0790-82-0660
ファックス
0790-82-0146
メールアドレス
nenkinhoken@town.sayo.lg.jp