手続き・申請・業務

「手続き・申請・業務の高評価記事ランキング」には217件の情報があります。

41位 兵庫県市町交通災害共済

 兵庫県市町交通災害共済は、年額お1人500円で加入でき、通院3日以上の傷害での4万円から、死亡の場合の100万円まで治療日数に応じて見舞金が支払われます。
 万一の交通事故に備えて、ご家族そろってご加入ください。
 詳しくは、添付ファイル(平成28年度分)をご覧ください。

町長部局 企画防災課 防災対策室[平成27年11月19日(木曜日)18時59分]
42位 三日月地域づくり協議会

三日月地域(旧三日月町域)にはまちづくり協議会が1つ、地域づくり協議会が1つあり、その中に地域別に東部部会、三方里志文川部会、西部部会3つの部会があり、他にも専門部会として、さいさい部会、ふるさと部会、三日月地域まちかどカメラマン、喫茶であい部会、男の料理教室部会、ヤツデの会のグループが活動しています。地域の特性を生かした取り組みや、三日月地域を元気にするために自分たちの得意分野で役割を果たしています。

町長部局 三日月支所 地域振興室[平成26年10月10日(金曜日)10時5分]
43位 ジェネリック医薬品を利用しましょう!

★ジェネリック医薬品とは★

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、最初に作られた薬(先発医薬品、新薬)の特許期間終了後に有効成分、用法・用量、効能・効果が同じ医薬品として申請され、厚生労働省の承認を得て製造・販売される医薬品のことです。ジェネリック医薬品は、特許期間が経過した後に製造されるため、研究開発にかかる費用を抑えることができる分、先発医薬品に比べて、価格が安くなります。

町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年3月2日(木曜日)11時2分]
44位 合併浄化槽設置整備事業補助金について

合併浄化槽設置整備事業補助金の申請様式です。【下記ダウンロード】
詳しいことは上下水道課にお問い合わせください。

町長部局 上下水道課 管理運営室[平成25年12月27日(金曜日)16時53分]
45位 結婚新生活支援補助金

新婚世帯の住居費や引越し費用に最大24万円を支援します

佐用町では、新婚世帯の住宅の取得、賃貸費用や引越し費用の実費に対し、最大で24万円を支援する「結婚新生活支援補助金制度」を実施しています。(国の結婚新生活支援事業費補助金を受けて実施しています)。

町長部局 健康福祉課 子育て支援室[平成29年4月18日(火曜日)8時39分]
46位 母子家庭等医療費助成制度

兵庫県と佐用町が共同で助成する、福祉医療制度のひとつです。
対象となるかたには、「母子家庭等医療費受給者証」が発行されます。

町長部局 住民課 年金・保険室[平成29年8月1日(火曜日)7時55分]
47位 佐用町まちづくり基本条例が制定されました

【まちづくり基本条例とは】
 町政運営の基本となるルールを定めるもので、地域における様々な課題への対応や、まちづくりの基本理念及び基本原則や、町民の権利及び役割、議会の権限及び責務、行政の権限及び責務、また、町民、議会及び行政がまちづくりに関する情報を共有しあえる仕組みや協働のまちづくりの仕組みなどについて規定されており、みんなのまちのことをみんなで考え、よりよいまちをつくっていこうとする条例です。

町長部局 企画防災課 まちづくり企画室[平成25年6月3日(月曜日)19時22分]
48位 佐用町歴史的環境保存対策事業

 佐用町平福地区は、旧因幡街道の宿場町として繁栄しました。佐用川の水面に映える土蔵、川座敷群には、かつて宿場町として栄えた平福を見ることができます。佐用町では昭和58年に歴史的環境保存条例が制定され、地域と行政が街並みの保存・継承に取り組んできました。

町長部局 企画防災課 まちづくり企画室[平成24年4月2日(月曜日)9時13分]
49位 高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種費用の助成

 高齢者の肺炎球菌による肺炎の発症や重篤化を予防するため高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種費用の一部を助成します。

町長部局 健康福祉課 健康福祉推進室[平成29年3月28日(火曜日)13時24分]
50位 戸籍・住民登録に関する主な証明

戸籍謄本、抄本(全部、一部事項証明書)や住民票の写しなどが必要なときは、本庁住民課または各支所、出張所で請求してください。
 一部郵便での請求が可能なものもあります。不明な点がありましたら、お問い合わせください。

町長部局 住民課 戸籍・住民相談室[平成28年5月13日(金曜日)16時59分]